老後の年金生活では少ないお金や収入で家計を維持できる暮らし対策を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活では少ないお金や収入で家計を維持できる対策を施しておく必要がある』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活では収入が限られてしまう

定年退職後の生活では収入が一時的にゼロになってしまうため、年金が受給できる年齢まではどうにかして働きたいものです。この期間中に少しでも多く老後の蓄えを得ておかないと年金暮らしは不安になってしまうかも知れません。

 

収入は公的年金だけ

公的年金と預貯金を取り崩して生活する事になる老後の年金生活では、いつかは預貯金も枯渇してしまうという不安があります。

預貯金が枯渇してしまうと、公的年金だけで生活しないといけないので、果たして本当に生活できるのか?という部分が気になってしまいます。

また、私達が年金を受け取る年齢に到達した場合でも現在と同じ水準で年金が貰える保証はないので悩みの増えてしまうのが実情になります。

そういった意味では現時点での年金額で生活する事が出来るのか?を実際に試してみるのが対策に役立つのではないか?と考えます。

 

プラスαの収入も必要

公的年金と預貯金だけでは心もとないため、プラスαの収入があると生活が便利になります。とはいえ、老後の世代になると就職も難しいのが実情ですから、どのようにして収入を得るのか?というのも重要になってきます。

働きたくても働けない場合もあるので、そのような場合に対応できるように老後の収入プランを検討しておく事が求められます。

不労の場合であれば、株主優待銘柄に投資するのも1つの方法になりますが、この場合は定年退職するまでに仕込んでおく必要があるため、それなりにお金が掛かってしまいます。

なるべくなら、あまりお金を掛けないで何か別の対策を施すのが良いと思います。

 

老後生活は少ない収入でも生活できる取り組みを

少ないお金で生活する事が出来ればそれに越した事はないのですが、現実的にこのような取り組みは意外と難しいものです。それを老後の年金生活では実施しないといけないので日頃からの取り組みも重要になってきます。

 

収入が少なくても安心できる生活を

口で言うのは簡単なのですが、少ない収入でも安心して生活できる取り組みも重要になってきます。特に老後生活では基本的に年金と老後の蓄えでもある預貯金を取り崩しての生活になるため、少ない収入でも安心して暮らしたいものです。

だからと言って節約に励むのも大変になってしまいますから、日頃から何か対策を施して習慣化させておく事が求められます。

楽しみも必要になるため、趣味と実益も兼ねる取り組みが良さそうに感じます。そうなって来ると、実際の生活に役立つ趣味として家庭菜園も1つの方法になります。

でも、自分が興味や関心のない場合では家庭菜園を行なっても維持できないですから良い選択ではないと思います。

 

自宅菜園が良さそうに感じる

定年退職後に家庭菜園を整備した方が良いと感じますが、家庭菜園の場合では必要に応じて畑を借りるなどの対策が必要になります。

畑を借りてしまうと維持管理も大変になってしまうので年齢が高くなるほど、身体への負担も大きくなってしまいます。

そのため、家庭菜園を整備するのであれば自宅の庭 又は ベランダが良いのではないか?と考えてしまいます。

但し、この場合はでは野菜等を多く収穫する事が出来ないので割り切るという考え方も必要になります。

自宅であれば、維持管理も容易なので、そんなに負担にはならないと思います。

 

スポンサーリンク

 

節約以外にも対策が有った方が望ましい

老後生活になってから節約に励むのは良くないと思います。節約するのであれば働いている内に習慣化しておいた方が良いです。老後は節約に代わる代替プランで対応した方が良さそうに感じます。

 

老後の節約生活は大変

年金生活中に家計の為に節約を励むというのは実に大変な事です。働いている内ならば安定した収入もあるため、挫折しにくい状況になりますけど、年金暮らしの場合は残念ながら挫折しやすいのではないか?と考えます。

何故なら、公的年金だけでは生活できない場合があるのは勿論のこと、大変申し訳ないですけど、頭の中身が固くなってしまうので柔軟性が欠けてしまう可能性があります。

少なくとも節約生活では固定概念よりも柔軟性が求められますから臨機応変に対応する事も必要になります。

それに、自分のやり方が正しいと考えてしまうと、逆効果に繋がってしまう場合もありますから老後になってから節約生活を始めるのは得策ではありません。

 

節約に代わるプランの準備を

老後の年金生活で節約に励むのは賢明の選択ではありません。というのも節約というのは何かを犠牲にする事になるため、人によっては耐え難い苦痛になる事もあります。

そのような節約をするぐらいだったら他に何か節約に代わるような対策を用意した方が良いのではないか?と考えます。

とはいえ、思い当たるのは何も見つからないといった感じになってしまいます。そのため、定年退職するまでに自分 又は 夫婦で十分検討するのが良いと思います。

一人で考えるよりも複数人で考えた方が名案も浮かびやすいですし、新たな発見にも繋がります。

 

コメント