老後の年金生活では家計の赤字や破綻を防ぐ取り組みや工夫・対策を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後の年金生活では家計の赤字や破綻を防ぐ取り組みや工夫を施して対策した方が良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の年金生活では収入が限られてしまう

老後の年金暮らしの収入は公的年金になってしまいますが、それを補完する役目を担う老後の蓄えは何かありますか? たいていの場合は預貯金になりますけど、その他にも第3の選択肢もあった方が良いです。

 

基本的には公的年金で生活

定年退職をしても公的年金が受給できる年齢に到達するまでは年金を受け取ることができません。このような場合は年金が貰えるまで無収入で生活しないといけません。

退職金制度のある会社に勤務していれば、退職金を生活費に充てることもできますが、退職金がない企業もあるため、そういう会社に勤務している場合は大変です。

年金が貰える年齢になった場合でも基本的には収入は公的年金になってしまうため、定年退職後から年金が受給できる期間までは少なくともアルバイト等を行なって収入を得る努力も必要になります。

どれだけ多くのお金を年金生活に充てる事が出来るのか?も重要になってきます。

 

老後の蓄えとして預貯金で年金を補完

老後生活の収入は公的年金に限定されてしまう事になりますが、必ずしも受け取れる年金が自分にとってベストな金額とは限りません。

自分の生活状況では足らないと感じる場合もあります。そのような場合に重宝するのが老後の蓄えとして貯めていた預貯金などの老後資金になります。

この老後資金は有限なので、いつかは無くなってしまう事になりますから、枯渇しないように対策も必要になります。

これが枯渇してしまうと公的年金だけで何とかしないといけなくなるため、場合によっては十分に生活できなくなってしまう事もあります。

 

老後生活の家計は安泰ではない

老後の暮らしというと、今まで働いて来たので、老後は自分の好きな事や趣味を満喫 又は 新しい事に挑戦したいと考えている場合も多いと思います。それを行う為にも老後の家計は重要になります。

 

赤字になる可能性もある

老後に家計が赤字になる原因は各家庭によっても異なりますが、浪費しなくても赤字になってしまう場合があります。

お医者さんのお世話になってしまう場合が多くなると医療費の負担も大きくなりますし、物価の変動も家計に影響を及ぼします。

さらには光熱費といった公共料金も関係して来るため、なるべく大きな出費をしないように家計をコントロールする事も求められます。

このコントロールが上手く機能しないと簡単に赤字に転落してしまうので注意も必要になります。

 

稀に破綻する場合もある

老後生活の家計が破綻するなんて先ず無いだろうと考えている場合の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

実は、働いている時ではなく、老後の世代になって家計が破綻してしまう場合もあるのです。赤字になった場合でも働いていれば、給料収入や預貯金等を取り崩して何とか破綻まではいかないといった感じになったと思います。

でも、根本的に老後生活で一度、家計が赤字に転落してしまうと、立ち直るまでに時間を要する事になってしまう場合が多いです。

具体的に有効な対策が見つけられない内に被害を大きくしてしまう感じになるため、老後の家計も疎かにしてはいけないという事になります。

 

スポンサーリンク

 

老後の年金生活では家計が赤字にならない工夫や対策を

老後は第二の人生でもあるので普通に暮らしたいものです。でも、家計が赤字などの影響でこの普通の生活が出来なくなってしまう場合もあります。そのようにならないように工夫や対策も必要になります。

 

老後の節約生活は大変

老後の年金生活では家計が赤字になって傾いてしまう場合もあります。収入は公的年金だけになってしまうので、大きな買物等は控える傾向になりますが、それでも支出が多くなってしまう場合があります。

生活していれば食費や日用品、公共料金、医療費等が必要になりますから、これらの費用が収入よりも多くなってしまう可能性があります。

だからといって節約すれば問題ないという発想になりますけど、働いている世代であれば節約も可能ですが、残念ながら年齢を重ねれば重ねるほど頭の中が固くなってしまうので自分のやり方が正しいといった感じになってしまいます。

柔軟な発想実行力も必要になるため、十分な対策が行えるのか?疑問に思います。

 

クレジットカードの枚数整理を

生活していればクレジットカードの枚数も知らず知らずの内に増えていくものです。定年退職後はクレジットカードの枚数を必要最小限に整理することも必要になります。

クレジットカードの場合はキャッシュレスで買物や支払が行えるので便利なのですが、請求管理が大変になります。

頭の中が柔らかい働いている世代であれば、クレジットカードの枚数が多くても問題ありませんが、年齢を重ねるうちに頭の中も固くなってしまう関係で管理も大変になってしまいます。

そのため、定年退職後は2〜3枚に整理する事が求められます。

 

カード枚数整理は不正請求への対策にも繋がる

クレジットカードの保有枚数が多いと、もしものカード不正請求への対応も遅くなってしまいます。

特に老後の世代になると、目の衰えも目立つようになるため、請求書を確認するのも一苦労になります。

そういった意味では、自分で管理できる枚数に限定する必要があります。ここで重要なのは現在管理できる枚数ではなく、10年後も自分で管理できる枚数になります。

 

コメント