老後資金は多ければ多いほど良い!プラスαの対策で豊かな老後生活を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『老後資金は多ければ多いほど良いのだが、現実的には難しいのが実情。プラスαの対策で豊かな老後生活を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後生活費の対策は何が良いのか?悩んでしまう

自分が老後の世代になった時にどのような生活状況になっているのか?分からないですから、どのような場合でも対応できるように老後資金は準備しておきたいものです。

 

基本的には預貯金で公的年金を補完

老後の生活費となる資金は公的年金がベースとなります。しかし、残念ながら公的年金だけでは十分に生活するのが難しいのが実情になるため、老後の蓄えとして貯めたいた預貯金を取り崩して生活する事になります。

とはいえ、預貯金というのは限りがあるため、いつかはゼロになってしまいます。生活できる間は預貯金がなくならないように継続して維持できる対策も必要になります。

その対策というのは資産運用になります。個人で行える資産運用は素人なのでプロのようにはいきませんが、運用次第では上手く機能する場合もあります。

老後の世代になってから資産運用するのではなく、働いている内に資産運用の勉強をしておくのが好ましいです。

 

貯蓄性が高い保険も1つの方法

老後資金として基本的に預貯金がベースになりますが、預貯金の利息はスズメの涙程度なので老後の生活費に充当すると、どんどん減って行く一方になります。

そのため、預貯金の他に貯蓄性の高い養老保険といった保険商品を保有して対策を施す事が求められます。

出来れば、貯蓄性が高い国債等も併せ持った方が良いのですが、個々の家庭によっても状況が異なるため、一概には何とも言えません。

 

老後資金は多ければ多いほど良い!プラスαの対策を

老後の生活資金を考える上で考慮しなければならないのが預貯金や保険商品の他に第3の選択肢への対策になります。現実的に預貯金だけでは生活できませんから、必然的に第3の選択肢も用意しておいた方が良いと考えます。

 

老後資金への対策に繋がるプラスαの対策も必要

老後の生活費となる老後資金は多ければ多いほど良いのですが、収入が少ない家庭では、なかなか難しいのが実情です。

このような場合ではプラスαの対策を施す余裕がないといった方が正解になるため、長期的な視野で考える必要があります。

短期や中期的よりも長期的な視野で物事を考慮するのが最適になります。長期であれば少ない金額で積み立てるといった方法を行う事が出来るので老後への投資も行う事が出来ます。

現実的に預貯金だけでは生活できませんから、投資信託や国債といった金融・投資商品を検討する事も必要になります。

 

老後の収入は年金のみという現実

老後の世代になったと仮定して、老後生活費の原資となる収入は公的年金だけしかないという現実が待ち構えてします。

これはどうしようもない現実なのですが、受給できる年齢もその都度、上昇していますし、現在の水準通りに年金が支給されるのか?というと、これまた先は見えない状況になります。

こればっかりは年金財政が破綻しない事を願うしか方法がないのが実情です。このような不安定な公的年金を充てにするのではなく、年金を補完できる別の対策が有った方が現実的な対応策になると考えます。

問題は別の対応策は何が良いのか?という部分になります。

 

スポンサーリンク

 

プラスαになる対策は何が良いのか?

老後は第2の人生になりますが、第2の人生を生活する費用として公的年金だけでは生活が難しいです。そうなって来た場合、プラスαの対策が必要になります。具体的には何が良いのでしょうか?

 

各家庭によっても状況が異なる

具体的に何が良いのか?というと、貯蓄性の高い保険商品や国債といった金融商品を厚みを持たせるのが良いと思いますが、国債の場合では満期が来るまで換金できませんし、保険商品の場合も満期が来るまでどうする事もできないのがデメリットでもあります。

これは仕方のない事なのですが、預貯金に対するプラスαの対策として保険商品や国債に一辺倒というのはリスクが高くなります。

必要に応じて投資商品も検討した方が良いのではないか?と考えます。但し、投資商品の場合は元本保証がありませんから、価値がなくなってしまう場合もあるため、自己責任での運用が求められます。

元本保証がないのは嫌という場合は、預貯金や国債といった金融商品での資産運用が最適になります。

 

投資商品も有った方が良い

元本保証はないけれども預貯金の利息よりも期待できる投資商品を少しは保有した方が賢明の選択になります。

では具体的にどのような投資商品が良いのか?というと、株式投資の株主優待が良いのではないか?と考えます。

株主優待であれば、2つの楽しみがあるので検討してみる価値はあると思います。

 

2つの楽しみがある株主優待の検討

2つの楽しみとは何か?というと、株主優待株式配当金になります。株主優待制度を設けている企業の株式を長期保有することで配当金と株主優待を長期に渡ってゲットし続けるという楽しみになります。

但し、株主優待制度を設けている企業だったとしても業績が悪くなると株主優待制度を廃止したり、縮小したりする場合もあるため、定期的にチェックが必要になります。

と同時に配当金も減額になってしまう場合もあるため、こちらの場合も同様に注意が必要になります。

 

コメント