取引先担当者とのコミュニケーションも会話術の向上や仕事に役立つ

仕事術

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『仕事をしていれば取引先の担当者とコミュニケーションが必要になる場合もあります。このような場合では自分では気がついていなくても重要なヒントが隠されている場合もあるため、仕事に役立てたり、効率化に活用できるようにしたいものです』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

担当者との会話では重要なヒントも得られる

取引先担当者との会話の中に重要なヒントが本当に含まれているのでしょうか?と疑問に感じてしまいますが、意外と含まれていたりします。

 

取引先担当者との会話は大切

コミュニケーション能力を養う上で重要な役割になるのが取引先担当者との会話になります。会話術は仕事をする上で欠かせない能力の1つになりますから、担当者との会話でヒントを見つける事が出来ます。

担当者が会話している言葉遣い配慮等も含めて全て参考になる生の貴重な資料になります。それに対して自分はどうなのか?というのを比較できるのは貴重な体験になります。

この貴重な体験を活用するのか?しないのか?によって仕事の効率性も影響を及ぼす事になるため、ただ担当者と打ち合わせをすればOKといった感じにならないように注意も必要になります。

 

コミュニケーション能力も問われる

取引先担当者との会話ではコミュニケーションも重要な役割を占めることになるため、業務の把握だけでなく説明できる会話を磨く必要があります。

この説明できる会話というのは、逆を言えば、相手の担当者が教師でもあります。相手の説明を聞いていて非常に分かりやすいと感じる場合も多いですから、その話術を自分も身に付けられるように努力した方が良いです。

もう既に自分よりも上をいく存在が既に居るので、担当者を目標にしてステップアップを繰り返していく姿勢も大切になります。

 

取引先担当者とはコミュニケーションも重要

取引先との関係はとても重要になりますが、担当者とどのような人間関係を構築するのか?という要素も重要になって来ます。

 

担当者と良好な関係も必要

取引先の担当者とウィンウィンの関係を構築する事が出来るのか?も仕事をする上で重要になって来る場合もあります。

基本的には仕事の話がメインになりますが、休憩時間といった場合では仕事とは全く関係ない話もすると思います。

その会話の中にも重要なヒントが含まれている場合もあります。そういうコミュニケーションを行う事ができるのか?によっても仕事の効率性も変わって来るため、会話術も大切になります。

 

コミュニケーション術は重要

日常生活では会話が重要になって来ますが、これは日常生活に限った話ではありません。職場での会話や取引先担当者との打ち合わせといった場合でもコミュニケーションは重要になります。

相手の心を鷲掴みにできる会話術を身に付けることで仕事の効率性も高まるため、理論や知識武装すると同時にコミュニケーション能力を磨く事も忘れずに行うのが賢明です。

その結果として、プレゼンテーション能力も鍛える事に繋がるため、自分の仕事だけでなく会社(職場)の為にも役立つ人材になる事が出来ます。

 

会話の中にもヒントが隠されている

担当者とのコミュニケーションでは相手の心を掴む事が出来るのか?という部分も重要になりますが、それ以前に一言一句の中にもヒントが含まれている場合もあります。

相手が発言した言葉の中にも意外とヒントになる言葉も含まれているものです。それを見つける事が出来るのか?で自分の能力も変わってきます。

情報は1つでも多く得た方が良いので、聴き取り能力も勉強した方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

ヒントは仕事の効率化に役立てを

取引先担当者との何気ない会話で仕事に活用できるヒントが有った場合では、活用できるようにメモに書き留めておく事も大切になります。

 

仕事に役立つヒントは活用を

取引担当者とのコミュニケーションでは必ず自社とは限らないため、取引先に出向いている場合もあります。

そのような場合では頭の中に記憶しておくのも難しいです。自分には関係ない内容や興味や関心のない会話の場合は右から左へと流れてしまう場合が多いです。

何となく気になる内容はノートに書き記すようにした方が良いです。

 

ノートは何を書いても問題ない

担当者との会話中に気になる事はノートに記入する事になりますが、直接仕事に関係する内容ではない場合でもノートに記入するのが望ましいです。

それこそ一言一句どれも無駄にしないという姿勢になります。本当ならば仕事とアイデアは別々にした方が良いですが、そんなに都合よくコミュニケーションの中にヒントが見つかるとは限りません。

仕事で利用するノートに業務用とヒントを同時に記載して、後で詳細に記載するようにすれば良いのです。

 

仕事に活用できるように対策を

仕事に役立つヒントを見つける事が出来たら、実際に仕事に役立てる事が出来るようにアイデアを思いつくように努力する事も大切になります。

ヒントというのは、あくまでも何かを行う目的での知恵なので仕事で活用できるようにするにはアイデアと第三者に説明できるように肉付も必要になります。

ヒントは活かしてこそ、役に立つものです。活用しなかったら意味がありません。

 

コミュニケーション能力を磨いて仕事の効率性アップに活用&役立てを
皆さん こんにちは! 今回の記事は『仕事ではコミュニケーション能力も重要な要素になりますが、この能力を磨いて仕事の効率性アップに活用したり役立てを』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂...

コメント