毎日残業では仕事の効率も低下し、ストレスも溜まりや疲れも取れない

仕事術

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『毎日のように残業すると仕事の効率も低下し、ストレスも溜まり疲れも取れない展開になってしまうので注意も必要』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

毎日のように残業している場合

毎日のように残業が当たり前になってしまっていると、帰宅時間も遅くなり、帰宅後にホッと一息できる時間も少なくなってしまうため、結果的に自分の為に使える時間も少なくなってしまいます。

 

残業が当たり前になる

残業すれば、お金になるので、残業するのは問題ないと思ってしまいますが、お金よりも時間の方が非常に大切になります。

確かに残業代が貰えてハッピーかも知れませんが、毎月のように決まった残業代を期待するようになってしまうため、残業代が無くなった場合に困ってしまう展開にななります。

残業に頼らない生活というのが求められますが、残念ながら残業代というのは魅力的に感じる場合もあります。

残業代は無い物として考えておかないと、つい期待してしまう展開になるため、残業が当たり前になってしまうのは良くないです。

 

自由時間や家族団欒が少なくなる

毎日のように残業している場合では、帰宅時間が遅くなるため、帰宅後の自由時間が少なくなってしまいます。

これもどうかな?と考えます。帰宅後の自由時間は一人暮らしであれば、趣味や勉強、娯楽の時間になりますし、家族がいる場合では貴重な家族との団欒の時間になります。

この時間が少なくなってしまうと、家族間のコミュニケーションも少なくなってしまい、結果として意思の疎通も疎かになってしまいます。

家族の意思の疎通が悪くなるとスレ違いも多くなってしまうため、最悪の場合は離婚の原因にも繋がってしまいます。

このような展開にならない為にも残業は程々に行い、どんなに疲れていたとしても、しっかり家族とのコミュニケーションは取るようにする事も必要です。

 

残業が続くとストレスも溜まり疲れが取れない

自分では残業をやりたくて仕方ないという人も居れば、逆に残業なんて可能な限り行いたくないという人も居ます。どちらの場合でも自分の意思で残業を行うのか?と決めれないので不本意な残業もしないといけません。

 

お金を得る為の残業は良くない

残業すると、残業代が貰えるので、つい残業代を期待してしまう展開になりやすいです。自分がある程度の金額を欲してしまうので、その金額分までの残業はOKといった感じになります。

でも、残業を行えば行うほど、ストレス疲れも比例して溜まっていく事になります。自分では気がついていない場合もあるため、このような場合は注意も必要になります。

疲れが溜まってしまい、どんどん蓄積されていくと免疫力も低下して簡単に風邪やインフルエンザといった病気に掛かりやすくなります。

また、ストレスが溜まって蓄積されていくと、鬱病(うつ病)にも繋がってしまうので人ごとではなくなります。

 

残業が続くと疲れが取れない

残業をすると、ストレスや疲れも溜まりますが、毎日のように残業を行なっている場合では帰宅後の自由時間が少なくなってしまうため、ストレス発散や疲れを取り切るのが難しくなります。

これを休日に集中的に行えば良いと考えている場合もありますが、残念ながらこの考えは正解ではありません。

特に睡眠時間に関していえば、休みの日に集中的に睡眠すれば良いという訳ではありません。毎日の睡眠は休日に補うのではなく、その日の内にしっかり睡眠をとるというのが求められます。

そのようにしないと翌日の仕事に影響を及ぼしてしまうからです。

 

スポンサーリンク

 

残業が多いと心に余裕がなくなり効率性も低下

残業が多い場合では自分の心の余裕も少なくなりがちです。このような場合に困る事といえば何なのか?分かっているのでしょうか?

 

残業は心の余裕も少なくなる

心の余裕が少なくなってしまうと、何かを考えるにも自分では余裕が全くない状態になるため、焦りも感じてしまいます。

仕事では焦りは禁物になりますが、自分では考える余裕がない状態になるので、焦っているつもりはなくても、うっかりミスや仕事が捗らないといった感じになりやすいです。

それでけではなく、言動にも変化が見られる場合があり、職場では常に敬語や丁寧語での会話になるため、その反動として家族に対してキツク当たってしまう事もあります。

そのため、残業が多いな〜と感じたら、リフレッシュに励む事も必要になります。この場合に注意しないといけないのが、心の余裕が少なくなったらリフレッシュというのは既に遅いです。

 

心の余裕が少なくなると効率性も低下

心の余裕が少なくなると仕事の効率性も低下する事になります。それもその筈で、自分ではもうどうさばいて良いのか?分からないといった感じになるため、仕事の効率性も悪くなります。

この状態が続いてしまうと、うっかりミスの連発や睡魔との戦いになってしまいます。しっかり睡眠が出来ていれば、心の余裕が少なくなっても何とか持ちこたえられますが、両方とも少ないと、どうにもなりません。

毎日の仕事をするのであれば、最低でもしっかりとした睡眠とストレスを適度に発散できる状態が必要になります。

その為には、テキパキ仕事をして残業にならないように努力する事も必要になります。

 

取引先担当者とのコミュニケーションも会話術の向上や仕事に役立つ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『仕事をしていれば取引先の担当者とコミュニケーションが必要になる場合もあります。このような場合では自分では気がついていなくても重要なヒントが隠されている場合もあるため、仕事に役立てたり、効率化...

コメント