仕事の効率化に繋がる仕事術は実際の経験が全てにおいて一番役立つ

仕事術

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『仕事の効率化に繋がる仕事術は実際に色々な体験をしておくのが全てにおいて一番役立つ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

仕事を効率化する上で必要な事

現在担当している業務を改善したいと考えた場合に、具体的に何をどうすれば改善できるのか?という問題があります。ただ漠然にもっと効率よくしたいと考えているだけの場合が多いのではないでしょうか?

 

今の仕事は熟知しているのか?

何かを改善するにしても、その内容について熟知している必要があります。上部っつらの知識しかないのに改善や改良を施して仕事を効率化するのは出来ません。

見せかけ的にはそれも可能になりますが、本当の意味での効率化には繋がらないため、そういう改善ならば行わない方が良いです。

何かを改善するにも時間を費やす事になりますから、時間は有限なので有効に時間を使うようにしないといけません。

改善したい業務について熟知していないのであれば、第三者に自信を持って説明できるぐらいに熟知してから仕事の効率化に挑戦すべきだと考えます。

 

具体的にどの部分を改善しようとしているのか?

仕事を改善すると仮定して、具体的にどの部分を改善や改良したいのか?というのを把握している必要があります。

今のやり方よりも違うやり方が効率化する事が出来るという証拠も必要になります。果たしてそのような証拠は既に用意できているのでしょうか?

どちらにしても改善を提案するにも物証説明が必要になります。他の人達を納得させられるようなコミュニケーションも場合によっては必要になります。

 

仕事の効率化には何が必要なのか?も重要

業務を効率化しようとした場合では具体的に何を改善したいのか?というのも重要になりますが、それ以前に、それを行うのは何が必要なのか?というのが把握しておく必要があります。

 

改善や改良を行うには何が必要なのか?

自分が担当している仕事の一部を効率化する場合に先ず考えないといけないのは、具体的にその業務を改善するには何が必要なのか?というのを知る必要があります。

自分一人だけであれば、自分の能力が可能なのか?何か道具が必要なのか?という部分になります。

能力が足らなければ知識武装すれば良いですし、道具が足らないのであれば購入して対応する事も可能です。

いずれにしても、現在の能力で対応可能なのか?というのは非常に重要な要素になるため、早急に見極めして次のステップに進む事が求められます。

 

次のステップとは?

ココで言う次のステップとは何なのか?というと、状況によっても左右されるため一概には何とも言えませんが、現在の能力で対応できない場合の対処になります。

この場合では、どうにかして効率化できるようにしないといけないため、どうすれば対応できるようになるのか?を論点整理して、他の人の助けが必要なら協力を求め、自分一人で可能ならば、その目標に向かって突っ走るのみです。

能力が足らない場合はネットで調べるという事も必要になりますが、ネットよりも専門書で武装するのが最適なのではないか?と考えます。

というのも、ネットの情報は必ずしも正確ではないからです。正確ではない情報を鵜呑みにして仕事の効率化に役立てるというのは良くないです。

 

スポンサーリンク

 

仕事の効率化に一番役立つのは経験

業務の改善を行うにしても全てにおいて一番役立つのは知識よりも経験になります。一度でもその仕事について経験していれば、自分だったら違ったアイデアがあるのにな〜といった感じになります。

 

経験は実際に体験するのが最適

現在そ業務について日が浅くても一通りに流れを掴んでいる状態であれば、それなりの改善対策が行えると思います。

効果の程はどの程度あるのか?は別として、自分なりの経験に基づいて改善提案が行えるため、果敢に挑戦し続ける姿勢も大切です。

でも、果敢に挑戦し続けるにはそれなりの経験も必要になります。経験があって初めて改善を行う事が出来るので経験がないのでは話になりません。

ネットで転がっている情報を鵜呑みにして行うのでは痛い目を見る場合があります。というのも、ネットに転がっている情報は正確な情報なのか?分かりませんから、それを見極める必要があります。

見極めるにも経験がないと難しいのが実情になります。

 

貪欲に色々な経験を積んでおくのが良い

仕事とは関係ない事でも貪欲に経験を積んでおくのが良いです。どうしてなのか?というと、仕事には直接的に関係ないことでも、巡り巡って、ひょんな事から関係して来る場合もあるからです。

そのような場合に仕事とは関係ない知識も必要になって来るため、応用力として理論武装することも可能になります。

仕事では、基本的な事だけで完結する事は先ず無いので、応用力が問われます。この応用力を身につけるには色々な経験が物を言う場合があるのです。

 

仕事に関係ない経験は雑学になる

雑学も仕事に役立つ場合もあります。どんだけ雑学を習得しておくのか?によっても応用性も変わって来るのではないか?と考えます。

そういった意味では雑学知識本も有効なアイテムになるのではないか?と思います。

 

仕事の効率化には職場に転がっている色々なヒントを見つける事も重要
皆さん こんにちは! 今回の記事は『職場の同僚とのコミュニケーションには色々なヒントが隠されている場合もあるため、このようなヒントを見つけて仕事効率化に役立てを』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最...

コメント