毎日の日課に等しい嗜好品を節約して老後の生活資金に充てる取り組み

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『毎日の日課に等しい嗜好品を節約して老後の生活資金に充てる取り組み』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

毎日の日課のような嗜好品

嗜好品と呼ばれる物を何かしら摂取していると思います。嗜好品の場合では栄養は一切考えないので、摂り過ぎると健康に良くないです。

 

毎日の日課のような物

毎日の日課は人によって様々ありますが、嗜好品もその内の1つになっている場合が多いです。嗜好品の場合では毎日何回もそのタイミングが訪れるため、自身の健康を度外視してしまう可能性も高いです。

お酒やコーヒーといった場合では飲みすぎると健康にも良くないので注意も必要になります。毎日のように飲み続けるのであれば控えめに飲むなどの対策が求めらられます。

とはいえ、飲む回数を減らしてしまうと逆にストレスに感じたり、気分転換にならないといった弊害も発生するので逆効果も出やすいのが悩みのタネになります。

特にそのような傾向にあるのはストレス発散を嗜好品に頼ってしまっている場合に多いです。嗜好品に頼らないでストレス発散を心がけた方が賢明になります。

 

やめることが出来ない

嗜好品の場合は毎日の日課のような存在になっている場合が多いため、それをやめる事が非常に難しい場合が多いです。

それをやめたら、代わりになるような物が見つからないのが原因になります。実際には代わりになる物は沢山あるのですが、それと全く同じ美味しさでかつ、リラックスできる気分になれるという物じゃないと難しいです。

そのため、そのような存在は滅多に見つからないため、いつになってもやめられない状況に陥ります。

とはいえ、タバコに関しては代替になる電子タバコという物がありますが、逆にこれは健康状態を悪くしてしまう可能性が高いので良くないと思います。

結局のところ、タバコに関しては止める取り組みを行った方が自分や周囲の健康に優しいという事になります。自分や家族の健康を考慮してタバコを吸わないように努力した方が賢明です。

 

嗜好品はお金が掛かる

嗜好品を毎日のように撮り続けていると、当然の事ながらお金が掛かります。毎日の日課だから、このようなお金はあまり気にしていない場合が多いのですが、年間で考えると大きな金額になっていると思います。

 

年間で考えると大きな金額になる

毎日という単位では微々たる金額だったとしても月額や年間で考えると大きな金額になってしまうのが嗜好品になります。

それこそ簡単にスマホが買える金額になってしまう場合も多いため、スマホを買い換える場合は嗜好品を節約するのが賢明の選択になります。

また、その金額を預貯金に充てた方が将来の為に役立つと思います。年間という金額dsけで、結構な金額になるので年数を掛ければ立派な大きなお金でしょう。

マイカーを購入する資金にも充当する事ができます。

 

お酒・タバコ・コーヒーはお金が掛かる

お酒、タバコ、コーヒーは意外とお金が掛かります。

コーヒーも?と思うかも知れませんが、レギュラーコーヒーの場合ではそんなに掛からないかも知れませんが、コーヒーの愛飲家の場合やCafe等で飲む週間になっている場合では、年間で考えると大きな金額になります。

お酒の場合ですと、毎日ビール1缶だったとしても1ヶ月で30缶、年間で365缶になるので、結構なお金を掛けている事になります。

ビールでこの状態なのですから、日本酒やワイン、ウィスキーといったお酒の場合では必然的に、もっと費用が掛かります。

とはいえ、お酒を飲まないと毎日の疲れやストレスを発散する事が出来ないという状態になってしまっている場合も多いですから、セーブするというのも難しいというのが実情になります。

 

スポンサーリンク

 

毎日の嗜好品を節約して老後資金に充てる取り組み

お酒、タバコ、コーヒーといった嗜好品は年間で考えると相当な金額になってしまいます。この金額を節約する事が出来れば老後の蓄えでもある預貯金を増やす事ができるようになります。

 

嗜好品はやめない。減らすだけ

嗜好品はやめないでセーブするという考え方を行う事が出来れば、この嗜好品に掛かる費用を節約する事が出来ます。

いきなり半分以下にセーブするというのは非常に難しいと思うので徐々に少なくしていき、最終的には半分以下を目標に努力する事が必要になります。

どんなにそれが無いと困ると考えている場合でも、やめる事は出来なくても徐々に減らす事は可能なので、ストレスに感じない程度で減らす努力を行うのが良いと考えます。

 

嗜好品を節約して老後資金に充てる

嗜好品は年間で考えると大きな金額になりますから、これを預貯金に充てる場合では半分程度は充てたいです。

年数を掛ける事で老後の生活資金目的の預貯金を作る事が出来るため、家計のやりくりをして頑張って纏まった老後資金を作る手間が発生しません。

毎日の積み重ねで将来の老後の生活資金を作る事が可能になりますから、十分に検討する価値があると考えます。

でも、実際にはこれだけでは足らないため、少しでも多く老後の蓄えでもある預貯金は増やしておいた方が良いです。

 

コメント