定年退職後に新しい挑戦を行う場合は老後の年金生活の費用も考慮を

老後資金

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『定年退職後に新しい挑戦を行う場合は老後の年金生活の費用も考慮するのが賢明』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

定年退職後の老後生活

定年後にどのように暮らしたいのか?それとも暮らそうとしているのか?既に決めていますか?これは早めに検討しておいた方が良いと思います。定年が近くなってしまうと直ぐには決められないので、あっという間に時間が過ぎ去ってしまいます。

 

定年後の生活プラン

定年後の生活プランも必要になります。定年退職前に準備しておくべき事なのですが、働いている時は色々と忙しいのも事実なので、頭ではそのように考えていても、なかなか手が付けられないといった感じになりやすいです。

いわゆる問題の先送りといった感じになります。問題を先送りしてしまうと、定年後に困ってしまうのは自分なので、先送りせずに真っ先に片付けておいた方が良いです。

こればっかりは避けて通れない問題なので自分一人で考えるのではなく夫婦でよく相談して検討するのも良いと思います。

 

年金の受給年齢が来るまでは生活しないといけない

定年で退職しても直ぐに公的年金が受け取れないですから少なくとも年金が受け取れるまでの期間はどうにかして生活しなければなりません。

再就職することが出来れば一番良いのですが、老後の世代にもなると見つけようにも見つからないといった場合の方が多いため、再就職も至難の業です。

そうなって来ると、現実的にはアルバイトという選択になってしまうのが実情です。問題は自分の都合の良い時間帯にアルバイトする事が可能なのか?という事と、果たして雇用してくれるのか?という事になります。

再就職にしろ、アルバイトにしろ、どちらも難しい場合は色々と悩んでしまいます。どのように、この期間の過ごし方によって年金生活も変わって来ると思います。

 

定年退職後に新しい挑戦をする場合は費用も考慮を

定年退職後に今まで行った事がないような事に挑戦する場合もあります。このような場合では、新しいチャレンジにどのぐらいの費用が発生するのか?も考慮が必要になります。

 

定年後に新しい挑戦はお金が掛かるのか?

定年後に今までずっと継続していた趣味を満喫する場合もありますが、それとは別に新しい事にチャレンジする場合もあります。

このような場合では、お金が発生するのか?というのも重要になってきます。微々たる金額ならば、そんなに気にする事もないので問題ありませんが、必ずしもそのようになるとは限らないです。

可能ならば、あまりお金の掛からない事に挑戦した方が良いのですが、その場合だと充実した時間を楽しめるのか?という事も関係して来るため、厳しいかも知れません。

それに、サークル活動に参加したりすると、サークル仲間とアチコチ出かける場合もあるので、それなりの費用も発生すると思います。

 

何処から費用を捻出するのか?

定年退職後に新しいチャレンジを行う場合に避けて通れないのが費用の問題になります。全くお金が掛からないような趣味の場合なら特に気にする事でもないのですが、あるていどの費用が見込まれる場合は、お金の問題に直面します。

どのお金から費用を捻出すれば良いのか?という事を考慮しておく必要があります。退職金が貰える会社であれば退職金の一部を新しいチャンレンジに充てるのも可能になりますが、退職金制度のない会社に勤務している場合は大変です。

少なくとも年金が受給される年齢になるまでは生活しないといけないため、新しい挑戦に充てる費用があるのか?という事も考慮しないといけません。

と同時に、どの費用から捻出するのか?というのも考えておく必要があるため、具体的にどのぐらいに費用が発生するのか?というのを算出しておく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

新しい挑戦は年金生活の事も考慮を

新しいチャレンジを行う場合では費用面も考慮が必要になります。ウォーキングといった場合であれば、そんなにお金も掛からないので問題ありませんが、そうでない場合もあります。

 

年金が受給できるまでの生活

先ず、定年後は直ぐに年金が貰えるとは限らないですから、年金が受け取れる年齢に到達するまでは、生活しなければなりません。

定年退職してしようと収入が無くなってしまうので、退職金等を利用して生活する事になります。

退職金があれば良いのですが、勤務している会社に退職金制度がない場合ではどうやって生活すれば良いのでしょうか?

老後の蓄えとして貯めている預貯金を取り崩して生活する事になります。この場合に新しい挑戦は老後の家計にも影響を及びす事になるので注意が必要になります。

 

年金を受け取ってからの生活

仮に新しい挑戦を行った場合、年金生活に影響を及ぼす事のないように配慮する事も必要になります。

特に年金生活では公的年金だけで生活するのは難しい場合もあるため、預貯金を取り崩して生活する場合もあると思います。

このような場合に老後の蓄えである預貯金を新しい挑戦で一部を使ってしまうような事にならないようにする事も求められます。

年金生活は長いですから、預貯金が枯渇しないように注意も必要になります。頭ではそのように考えていても、実際には行いたい事が優先になってしまう場合が多いのが実情になります。

 

コメント